今日の出来事
2002/1月 2002/2月 2002/3月 2002/4月 2002/5月 2002/6月
2002/7月 2002/8月 2002/9月 2002/10月 2002/11月 2002/12月
2003/1月−3月 2003/4月−6月

2003/6/27 お茶刈り
2番茶も後半戦、まさに暑さとの戦いです。担ぎ出す茶袋は、サンタの袋より大きく、20s近いものも。狭い畝間、一休みしたくても、袋を置いて茶の木を傷めるわけにもいかないので、一気に運び出します。重量あげの選手のように、大声あげて気合い入れています。
茶工場も、火を使うので暑くて暑くて・・・。

でも、良い芽が出そろい、嬉しい限りです。慎重に鋏んで、良い茶に仕上げます。
2番茶も、1番茶に負けないくらい、良いですよ〜!!

2003/6/24 2番茶
ただ今、2番茶製造中。梅雨入りして不安定な天気が続き、なんともせわしない毎日です。
↑火入れ機からでたお茶は、薄く広げて冷まします。いい香り〜!!
今日、やっと「徳用煎茶」が仕上がりました。明後日のイベントに間に合いそうで、
良かった、良かった!

子供は、この頃、クワガタ捕りに夢中です。コクワガタばかりだったのが、今日はヒラタを捕まえられて大喜び!
もう少ししたら、カブトムシも出てくるでしょう、楽しみ〜!!

2003/6/15父の日
父の日は「バラ」っていうのも、なかなか浸透しませんね〜。
我が家も、お酒だったり、わさび漬けだったり・・・と様々、
毎年、妻と義妹がいろいろ悩みながら手配してくれています。
今年は、西野園芸さんのところのユリの花でした。
見事なもんでしょう!とても生き生きとしていて、ずっしりと重くびっくり!!
つぼみもたくさん付いているので、長いこと楽しめそうです。
え!?これで、○○○○円!?嬉しいお値段で、二度びっくり!!  


2003/6/10草取り
1番茶が終わり、緑が山を覆い始めるこの頃、早くも夏の気配を感じます。
そんな中で、少し控えめに花を付けるササユリは、この時期限定の貴重な美しさです。
な〜んて、悠長なこと言ってられないんだな〜。
2番茶前の防除、そして、一雨ごとに大成長する草には大いに体力を奪われます。
は〜。毎日、毎日、草取りです。


2003/6/02代掻き
今日から代掻きです。毎年のことですが、お茶に気を取られていて、
今頃田んぼに入っています・・・。
小さくて、形もいびつな田んぼばかりを所有しているので、トラクターの
本領が発揮できず、少々辛いです。
息子は、カエルを捕まえて大喜びです。
あこがれのトノサマガエルをたくさん捕らえていました。


2003/5/28改植
茶の木の生命力ってすごいみたいです。、何百年と生きた記録もあちこちで残っているようだし、自生している茶の木も度々見かけます。
しかし、「美味しいお茶」を作る寿命は25年といった所でしょう。
今日は、そんな園の改植作業です。
茶の木を刈り落としておいて、「抜根機」で根っこを抜いていきます。
25年も生き抜いた、立派な根っこが次々と出てきました。

2003/5/25運動会
息子の運動会。
忙しくて、見に行けず・・・。
 

2003/5/23 整枝
1番茶の摘み取りが無事終わりました。
しかし、茶工場を掃除して、茶園の手入れ・・・・と
まだまだ無休の毎日です。
今日は手摘み園の整枝作業をしました。
手摘み園は、特に刈り落とす位置が難しいので、慎重に、慎重に・・・。
この時期になると、「野いちご」が色づき始めます。
子供達が、毎日のように摘んでは食べています。 


2003/5/10 
雨が止み、夜明けと共に霧が天空に舞い上がります。
さあ、いよいよお茶刈り再開だ〜!!


2003/5/9 生命の神秘
ついに、挿し木床の覆いを取りました!
出てる、出てる、出てる!!小さな新芽がつんつんと。
しばらくここで、日光浴、水浴びをさせてから、ついに茶園デビューとなります。
毎日の水やり、忘れないようにしなくては。
それにしても、こんな小さな枝が、あれほどたくましい茶の木になるとは、
これぞ、「生命の神秘」ですね。
今話題のべにふうきです。さてさて、定植はいつやるかな〜。


           ◆2003/5/6  雨前に・・・
茶摘みが始まると、気になるのが「週間天気」
摘み頃園が多い最中、下り坂予報が出され、慌ただしい週明けとなりました。
手摘みさんを頼んだり、機械で鋏んだり・・・今日、明日が勝負です!
この雰囲気を察したのか、娘も頑張っています!?


            2003/5/5  手摘み
カンレイシャ下が、摘み頃です。
とても綺麗な芽が開いたので、手摘みをしました。
お茶摘みさんたち、疲れも見せずに素晴らしい手さばきでみるみる摘んでくれます。
私は鋏むばっかり、手摘みの皆さまの技術、体力には頭が下がります。

                 2003/5/2  八十八夜

今日は、「八十八夜」の「大安」
この日を待ちわびていたかのように、一気に良い芽が伸びました。
いよいよ今日から本格的にスタート、大忙しの一日でした!
手摘みをしたり、茶刈り機で鋏んだり。今日も深夜まで工場が回ります。
明日から、荷造り始めます。
ご予約してくださった方、すみませんが今しばらくお待ちください。


                 2003/5/1  究極です!
今日は、品評会に出品するお茶作りです。
早朝から大勢で手摘みをし、深夜までかけて揉み上げました。
お茶は飲んでこそ、心が潤うもの。
でも、こういう「これでもか!!」っていう「究極のお茶」は見ているだけでわくわくします。
勿体なくて、そうそう飲めません。
手間暇かけただけあり、針のように固くとがった形状、
そして、黒緑の茶葉は、白光を放ってるかのよう、ほれぼれします。
何度も眺めて、にやにやしている私は、やっぱり変???
※ご協力頂いた皆々様、本当に有り難うございました。
おかげさまで、大満足のお茶になりました!!


                 ◆2003/4/30  今年の味は?
昨日、鋏(はさ)んだ茶、夜中まで工場を回し、本日、早朝3時に仕上がりました!!
あら熱がとれたところで、まず試飲。
毎年ながら、この瞬間ほど緊張するときはありません。
「う〜ん、美味い!!」
初物新芽の具合も、揉みの具合も、うまくいっています!!
今年も良い年になりそう、まずは一安心、というところでしょうか。
早速、手作りの「食べるお茶」と「新芽」入りのクッキーをお茶請けにして、いただきました。

                 ◆2003/4/29  いよいよ!
茶びくを洗いました。これを腰に付けて、茶摘みが始まります。この時期限定の道具が何かと多く、そんなものの準備に追われながら、「いよいよ!!」と、緊張してきます。
天気が良く、気持ちよく乾いてくれました。
そして、今日は記念すべき「茶刈り初日」でした!





                 ◆2003/4/27  大掃除
茶工場掃除をしています。
天井から始まり、壁、機械、床・・・と何日もかけてピカピカにしていきます。
←地上 5m、いつやっても足が震える・・・。







                 2003/4/22  春の草取り
今日も、苗木園の草取りです。
春先は、草たちも可憐な花を付けるので、取るのに躊躇してしまいます。でも、種をこぼされては、えらいこっちゃない、この時期が肝心と、頑張って取っています。
町の花が「スミレ」なだけに、道の脇、山などで野生のスミレが多く見られます。
←茶畑でも見られるようになりました。






                 2003/4/15  旬の味
小学生になった息子が歩いて帰ってくるようになり、
春の土産が食卓をにぎわすようになりました。
「つくし」に「タケノコ」 今度は「ワラビ」かな??
それに加え、今日は「茶の葉の天ぷら」を食べました!
庭に植えた1株、芽伸びがよかったので、一足お先に初物です!!
ほのかな苦みがなんとも言えず、美味〜!!
ちなみに、これ、花粉症に効くと言われる「紅富貴」です。
寒さに弱い種で、畑に植えたものの中には、枯れたやつもいます。少し補植してやらなくては・・・。
あと2年もすれば、製茶できると思います。
もう少しお待ちくださませ。

                 2003/4/14  草取り
春と共に草までやって来ました〜。
苗木園の草取りが忙しいです。
茶の木が大きく育つようにと、広く空けた畝間、
そこを狙って次々と草が生えています。
それでも、去年より、ずっと楽になったかな。
茶の木も負けずに生長していますので。
根を張り、枝を張りして、自分の居場所を守っています。

あ〜、それにしても腰が痛い・・・。





                 2003/4/11  研修
今日は、仲間と土壌の研修会です。
磐田の西尾さん宅にお邪魔して、色々と土について学んできました。
過去20年もの土のデータをとっていらっしゃり、その熱心さは、早速見習わせていただきます。
環境を壊さず、茶の木にもストレスを与えず、そんな土作りをしていきたいです。
そうすることが、長く百姓を続けられる秘訣、自分のためでもある訳なので。



                   2003/4/7  入学式
今日は、入学式。うちの息子も「ピカピカの1年生!!」
始業式も兼ねていたそうで、
大きいお兄さん、お姉さんに手を引かれての入場だったとのこと。
全学年集まっても、体育館の半分ですんでしまう、
アットホームな良い学校です。
明日から朝7時に家を出て、長い道のりを歩いて行きます。
お〜い、大丈夫か〜???




                  ◆2003/4/6      消防
日曜日の今日は、消防団の入退団式。
消防活動も残すところあと2年、気が付けばもう16年も経ったんですね〜。
正直、毎夜の訓練が忙しくて・・・なんて思ったりしてます。
でも、火事、台風と、微力ながらも手助けできたのは、本当に素晴らしいこと。
これって田舎ならではの、大切な活動でしょうか。
良い風習を大事に、新しい風を入れて、そんな気持ちで再出発です。

<茶栗崎園のコンテンツページへ