今日の出来事
2002/1月 2002/2月 2002/3月 2002/4月 2002/5月 2002/6月
2002/7月 2002/8月 2002/9月 2002/10月 2002/11月 2002/12月
2003/1月−3月 2003/4月−6月 2003/7月−9月
2003/10月-12月 2004/1月-3月 2004/4月-6月

2004/6/29 カブトムシ
            2番茶の芽伸びを観に、今朝、山に登ったら、なんと、堆肥からカブトムシが脱出中!!

            この頃、息子はクワガタ採りに夢中ですが、もう、カブトムシもかえる時期になったんですね。

            ここから、幼虫を家に何十匹も持ち帰ってあります。
            でも、そっちはまだみたい、確か、去年は夏休みだったような・・・。
            今から、カブトムシ誕生を心待ちにしています。なんだかそわそわ、わくわくしますね。

2004/6/28 見学
            今日は、息子のクラス、小学校2年生が茶工場に遊びに来てくれました。
            子供に話すのは、難しいですね。
            でも、「触ってごらん、においをかいでごらん。」って言うと、興味津々!
            我先に、と手を差し出し、歓声を上げて感動してくれるので、こっちまで感動です!

            最後に、いろいろなお茶を飲んでもらったら、「美味しい!」って言ってくれました。
            元気な子供たち、また、遊びにくてくれよ〜!!

2004/6/23 ホタル袋
            2番茶真っただ中、梅雨の合間の暑い日です。
            もう初夏ですね、山の茶ばらへ行く道は、日に日に緑に覆われてきます。
            山水の音、その上を流れる風が心地よい道です。

            この頃は、道中、綺麗な花も楽しめます。
            今は、笹ユリが終わって、ホタル袋が風に揺れています。


2004/6/19 紅茶の製造
              今年も紅茶の製造をしています。

              試行錯誤しながらの手作り紅茶なので、今年も少ししか造れそうにありません。
              でも、ファン(?)も少しずつ増えてきて、嬉しい限りです。

              上の写真左2枚は、萎凋(いちょう)の様子です。
              竹を編んだ風通しの良い籠の中で、行います。
              むらができないようにと、始終、手で混ぜながらすすめました。
              青くとがった香りが、次第にかどがとれていく感じ、これは、煎茶にはない独特の感触です。

              まるく甘い感じになったら、揉捻機で揉んで行きます。
              この後、発酵、乾燥・・・とまだまだ続きます。

              煎茶ほどたくさんの行程はありませんが、なかなか目が離せないので、
              意外と大変ですね。

              7月中旬頃には完成しますので今しばらくお待ち下さい。

                     
2004/6/17 2番茶
            いよいよ、2番茶が始まりました。
            この時期は、とても暑い日があったり、雨が続いたり・・・で、摘み取りには非常に神経を使います。
            どの園もちょうど良い頃合いに摘み取らないといけないので、毎日、週間天気と、芽伸び具合とにらめっこ。

            遅くなると、病気がでないだろうか・・・。害虫にやられないだろうか・・・。いろいろと心配事が増えてきます。
            今のところ順調です。このまま最後までいけるといいですが。

            上の写真は、今日刈ったところ。良い芽がびっしり揃っていて、茶袋一杯刈れて、大満足!
            煎茶、紅茶、両方に仕上げようと思います。

2004/6/15 苗植え
枯れた茶の木9ヶ月生の苗定植作業
             春先に定植した新品種、枯れたのもあり、今日は補植作業です。
             挿し木から育てた小さな小さな苗です。やはり、自然に勝てないやつもいますね。

             この時期は、適度に雨があるため、補植しやすいです。
             1本、1本、丁寧に植えました。
             これで、良いお湿りがあれば、しっかり根付いてくれるでしょう。
             今度こそ、うまくいきますように・・・。

             こうやって、元気に生き延びたものが、のちに「緑のじゅうたん」とよばれるような、
             一面緑の茶園になります。




2004/6/8 田植え
              いよいよ梅雨入り、雨間をぬって田植えと思っても、無理でした・・・。
              午後には降り出し、濡れながらの代掻き、田植えです。

              今年も、茶業におわれ、ここらへんで一番最後に田んぼに入りました。
              どこよりも小さい苗ですが、暑い夏を超え、秋には美味い米になります。

              「1年楽しみたかったら種をまきなさい。」っていうのは、本当ですね。
              つぶさに生長を見れるというのは、実に楽しいものです。

              子供たちは、カエルをつかまえながら、どろどろ田んぼに入り大喜びでした。
2004/5/29 台切り
               今日は、紅ふうきの台切りです。
               この園も植えてから、はや3年、今後の生育を考えながら、株の形を造っていきます。

               この種は、枝の張り方に特徴があるので、非常に悩みました。
               今回も、試験場の先生や村松さんにアドバイス頂きながら、慎重に作業をします。
               変なところで切ると、、生育がおちたり枯れたりすると聞いたので、
               非常に緊張してしまいました。
               無事、育ってくれるよう、今後も見守っていきます。

2004/5/24 整枝
              1番茶の摘み取り、製造が終わっても、仕上げ、発送と忙しくしています。

              そして、早くも2番茶の芽を出させる作業もしています。
              整枝です。株面を浅く刈って、新芽の出る場所を整えてあげることです。

              また、上の写真のように深く刈ってしまうところもあります。
              ここは、1茶のみの園、早くも来年の新茶に備え、葉を全部落とし、枝ばかりにします。
              この作業は、4年に1度程度、どの園も計画的行います。
              こうやって茶の木を休ませてあげれば、来年の収量は減りますが、
              大変美味しいお茶が取れます。
               
2004/5/15 ほいろ上げ
紅ふうきの葉
               本日で、1番茶の摘み取り終了です!
               明日から、梅雨の走りだとか、その前に終われて、ほっとしています。

               今年最後を飾ったのは、アレルギー効果がある!?「紅ふうき」です。
               やっと摘み取りできるまでになりました!
               でも、まだバラ木で機械では挟めないので、丁寧に手摘みです。

               なんせ、初めて手掛けた癖のある種、村松さんや、茶業試験場の先生方に、
               摘みどき、揉み方など、いろいろ教えて頂き、何とか仕上げられました。

              効果を最大に引き出すには、やぶきたより、10日後く、出開度100%が良いそうです。
              渋みを抑えるため、揉み方も変えました。

              そうそう、茶揉みが終わると、「ホイロあげ」といって、一杯やるのが習わしですが、
              まだまだ、仕上げ、発送、茶園の管理・・・と仕事は山積みです。
              この、古き良き風習は、うちでは無縁の話です。(泣)

2004/5/13 はちこー
                 初物?というか、締めのタケノコ、いよいよ「はちこー」の季節になりました。
                 これが出る頃は、摘み取りも終わりです。
                 小さくて細長いので、皮をむくと、意外と食べるところが無かったりして・・・。
                 あくが少ないので、水にさらして、みそ汁の具などにします。

                 正式には、「破竹(はちく)」だそうですね。

2004/5/12 給水所!?
           今日は、素晴らしい晴天!たくさんお茶刈りできて、大満足です。
           苗木園を刈りました。少ししか採れませんが、若くて美味しいお茶になりそう、楽しみです!

           重い茶袋を担ぎ出すのは、すごく大変。こんな暑い日は、バテますね。
           帰り道、冷たい水で疲れを癒しました。
           この山水、飲めるんですよ。誰かがコップまで用意してくれてあります。
           天然の給水所です。


2004/5/11 松竹梅
                 この時期の茶農家は、想像を絶する忙しさ。
                 親戚やらご近所さんが、いろいろ心配してくれて、それだけで元気になれそうです。
                 自家製野菜などの差し入れ、ありがとうございます。

                 今日は、珍しい物をいただき、早速、お店に飾らせてもらいました。
                 炭ですが、左のが梅の木、右のが松かさと竹。
                 松竹梅セットでもらって感激です!!


2004/5/10

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花
                  今日は、母の日ですね。我が家は、ユリの花をプレゼントしました。
                  去年に続き、西野園芸さんから、みずみずしいユリを送ってもらいました。

                  庭にはシャクヤク、部屋には娘の作ったボタンの花。
                  我が家は花盛りです。
             
2004/5/8 レフ版!?
                 これ、何だと思います?
                 これは、摘んだ葉を日差しから守るシートです。
                 ギラギラでレフ版みたいでしょう、私の顔が気持ち悪い〜!!

                 人には気持ちの良い晴天でも、摘んだばかりの葉には強すぎ。
                 傷まないよう、新芽の上にかぶせて、山をおります。
                 さあ、工場まで大急ぎです!

2004/5/7 覆い下の手摘み

                      今日も、必死に摘んだり、鋏んだり。
                      覆い下が摘み頃になり、お茶摘みさんに摘んでもらいました。
                      この芽は緑が濃いので、できたお茶の水色も綺麗です。
                      柔らかい日差しの中で育ったので、上品な味です。
                      せっかくの良い葉なので、揉むのも気を使いました。

2004/5/6 フル回転
                       やっと晴れました〜!!
                       今日の茶工場は、フル回転!!
                       次々蒸し機に入れて、揉んでいきます。
                       蒸気にのって、蒸し葉の青くて清々しい香りが舞い上がります。


2004/5/5 露払いしたのに・・・


               茶の芽が露に濡れて綺麗です。
               でも、濡れたままでは良い茶にならないので、露払いをしました。(中写真)
               早起きして払えば、昼前には露がとれて挟めるはず!と霧の中張り切ったのに、
               途中で、また雨にやられました。(右写真、左下のが私です。)
               せっかくの苦労が水の泡・・・。
               明日こそ!!


2004/5/3 雨にぬれて
               暗いうちから降っていた雨も、夕方一時止み、工場の向こうで霧が上がっています。
               新芽も、雨で洗われてみずみずしくて綺麗です。

               写真は、家の脇の茶です。お客様に摘んでもらうために植えました。
               ゴールデンウィーク、摘み頃ですよ!是非お越し下さい。
               天ぷらにすると美味です。

2004/5/2 工場

今日も、私は、茶ばらと工場で忙しくしています。

ゴールデンウイークです!
いつも来てくれる輝之さんのほか、今日は、姉さやその旦那さんも
手伝ってくれ、やっとこさっとこ工場を回しました。

とにかく、忙しくて忙しくて、忙しくてたまりません!
お茶刈りしたいし、工場で揉みたいし、仕上げもしたいし・・・。

あ〜、もっと時間をくれ〜!!
寝なくていい体をくれ〜!!
2004/5/1 八十八夜
                   立春から数えて八十八日目、今日は八十八夜です。

                   一気に芽吹き出し、風に揺れる新芽は宝石のよう!!

                   でも、のんきに眺めるわけにもいかず、必死に挟みます。
                   あの園も、この園も・・・と次々、摘み頃になるので、本当に焦ります。
                   こうなると茶刈り機の出番ですね。手摘みでは間に合いません。

                   生葉(なまは)と言うように、新芽は生き物です。
                   みずみずしいうちに工場に運んで揉んでいきます。


2004/4/30 手摘み
                          今日は、ご近所さんにお願いして、手摘みです。
                          最初の柔らかくて小さな芽を手で摘みます。
                          今年もよろしくお願いします。


2004/4/29  スプリンクラー

                    今朝は、ものすごく冷えました。
                    全国品評会の手摘みの日、寒いのも手伝って、早起きしてしまいました。

                    今朝は、ファンがブンブン回り、スプリンクラーは、水をまいていました。
                    どちらも、霜から新芽を守る大切なものです。

                    幸い、霜は降りずに一安心、新芽は元気に育っています。ご安心ください。


2004/4/28 いよいよです!
                       いよいよ新茶が始まりました!
                       今日は、わせ品種の「さやまかおり」を少し挟みました。
                       まだまだみるくて、もっいないくらいの芽です。

                       そうそう、「みるい」って方言ですね、若くて柔らかい芽をこう言います。
                       首もすわらない赤ん坊のことも、みるいと言います。
                       茶農家では、当たり前のように使うので、
                       私は、長いこと標準語だと思っていました。

                       さてさて、今年の出来が楽しみです。

2004/4/23 タケノコの山
たけのこ
                       またまたタケノコです。
                       山ほど掘れたので、昼休みに一生懸命皮むき、深爪です。
                       さてさて、どんな料理にいたしましょうか・・・・。

2004/4/22 絹さや
                  子どもが撒いた「絹さや」が花盛り、モンシロチョウが舞っているようです。
                  
                  タケノコにも飽きたこの頃、早く食べたくて仕方ありません。
                  今朝、発見しました。2つ、3つと、小さないな実が付いています!やった〜!!
                  朝日を浴びて、かわいらしい豆粒が透けています。
                  


2004/4/18 手揉み
仕上げ揉み
               今日は、手揉みをしました。
               
               冷凍の蒸し葉を解凍(左写真)し、6時間ほど揉みました。
               揉み手は、私たち夫婦と、初体験のお客様、
               助っ人には、うちの子、近所の子・・・。
               
               さ〜て、どんなふうに仕上がったでしょうか?
               気になるか方は、こちらをクリック!
               http://www.kurisakien.com/nizsi4-4-18temomi.htm
               
               いい汗かきましたが、明日は腰病みでしょう・・・。
               冷凍の葉がまだあるので、またやりたいです。
               一緒に揉みたい方、います?

2004/4/16 たけのこ
竹の子
               「たけのこ」の季節です。
               うちの子は、たけのこ堀りが大好きです。皮むきも喜んでやってくれます。

               皮ごと茹でるのが普通でしょうが、たくさんのたけのこを皮ごと茹でる鍋がなく、
               うちでは皮をむいてから茹でます。

               これからは、毎日のように煮物、たけのこご飯、お吸い物、天ぷら、みそ汁、あえ物・・・。
               しまいには、カレーにも入れちゃうので、家族に白い目で見られます。

               今日、TVで、唐辛子を入れなくても大丈夫って言っていました。
               言われてみればそんな気もします。

2004/4/12 崩し
                今日は、トラクターで田んぼを崩しました。
                今のうちに土をこまげないと、6月の代掻きが大変なんで。
                新茶が終われば田んぼ、それが終われば2番茶、慌ただしくなりますね。
                あぜ道には、野の花が咲き春らしい眺めですが、
                あまりの天気の良さに、私は大汗、すっかり夏気分でした。


2004/4/6 霜よけ
           4月に入り、霜が心配。TVでも、天気予報と一緒に遅霜予報が流れるようになりました。
           
           霜対策の1つ、カンレイシャを掛けています。
           夕方の気温が10度ぐらい、風のない日は、遅霜の恐れがあります。
           心配な日は、夕方、カンレイシャで茶畑を覆います。
           翌日、外してあげて、また光を浴びさせてあげます。
           新芽といっても、まだ先がほんの少し顔を出しただけ。
           この大事な時期に霜が降りませんように。



2004/4/5 わらび折り
                息子の春休みも今日まで、茶畑の草取りを手伝ってくれました。
                春休みの手伝いを「お茶の仕事」にしたんで、
                その項目を◎にしたくて最終日に慌ててるんでしょうね。
                
                帰りがけに、わらび折りを楽しみました。
                日当たりの良い山斜面に、たくさん顔を出しています。
                
                茶の芽も、いよいよ顔を出しました。


<茶栗崎園のコンテンツページへ